Home > Archives > 2009-07

2009-07

アンケート結果紹介

みなさん、こんにちは!ヾ(・ω・`)ノ

今日は2009年6月までに頂いたコロッケについてのアンケートの一部を紹介します。

味のちぬやのホームページは7月の途中から新しくなったんだけど、以前のホームページでもみなさんからいろいろなご意見を頂きました。貴重なご意見を頂きましたので、ここで紹介させて頂きます。

Q.我が家のコロッケ自慢

A.プロテインを入れます。

なんかムキムキになりそうですね!I_(*⌒∇⌒*)_I

A.肉じゃがの残りなどをコロッケに変身させる!が、基本的には家では作りません。買います。

ナイスアイデア!って思ったのに、作らないのね・・・(*´;ェ;`*) うぅ・・・残念

A.さつまいもコロッケが手づくりで美味しい。

甘くておいしそう・・・。実は味のちぬやにも『徳島県産鳴門金時コロッケ』っていう商品があるんだよ!

A.味付けに昆布だしとマーガリンを少量くわえます。

おお~、和風?洋風?なんか想像つかない・・・けど、気になる(・∀・)

A.やや甘めの昔ながらのコロッケ

これはまさに味のちぬやの看板商品『むかしのコロッケ』に近いもの?いただきます(* ´^,_」^)o<O

それぞれの家庭にいろんな自慢のコロッケがあるんですね!(´∀`人)ぼくたちはそんな庶民の味をひとつでも多く残していけるように、これからも新しい商品の開発にチャレンジしていきます!

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

商品紹介1~広島呉の元祖肉じゃが風コロッケ編~

みなさん、こんにちは、コロ作です。

今日はぼくが味のちぬやの商品の紹介をするよ!\(^_^)>

今日、紹介するのは『広島呉の元祖肉じゃが風コロッケ』

この商品は広島県呉市の市民団体“くれ肉じゃがの会”さんと味のちぬやが共同で開発した商品なんだ。呉に伝わる海軍さん発祥の肉じゃがの特徴は牛肉、じゃがいも、玉ねぎ、こんにゃくをしょうゆと砂糖で味付けしたシンプルなもので、このコロッケもそのレシピをもとに作ったシンプルながら味わい深いものになっているよ。

肉じゃが発祥の地をめぐっては広島県呉市と京都府舞鶴市で論争になっているんだ。(*o*)”"☆最初に肉じゃが発祥の地として名乗りをあげたのは舞鶴市。明治34年、舞鶴海軍初代司令長官であった東郷平八郎が、青年時代に留学していた英国で食べたビーフシチューの味が忘れられず、栄養が不足しがちな水兵さんの脚気防止に、日本版ビーフシチューとして作らせたのが肉じゃがのはじまりと言われているんだ。当時は『肉じゃが』ではなく『甘煮』と言われていたみたい。その舞鶴市の主張に対して、2年後、呉市が独自に調べたところ、舞鶴市よりも先に呉市で肉じゃがが生まれていたということがわかり(定かではない?)、呉元祖説を出したことにより、呉市と舞鶴市の間で肉じゃが発祥地論争が起きることになったんだよ。この論争をきっかけにして、神奈川県横須賀市、長崎県佐世保市を含めた旧軍港4市は食を通じて交流を行っているそうだよ。

こんな背景を知って食べると味わいも変わってくるかも・・・『広島呉の元祖肉じゃが風コロッケ』見つけたらぜひ一度食べてみてね!(^o^)/

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

こんにちは。コロ作です。

ホームページが新しくなったよ。ぼくが主役のコロッケ広場も開店だぁ。

コロッケってどうやってできるのかな?「コロッケ工場見学」では、おいしいコロッケの秘密をちょっとだけ教えてあげる。おいしいコロッケにアイデアと愛情をミックスして何倍もおいしい料理に早変わりする「創作レシピ」のコーナーも増えたんだよ。

新しいホームページこれからもよろしくね。コロ作もね。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home > Archives > 2009-07

検索
フィード
メタ

Return to page top