Home > 味のちぬや > むかしのコロッケ

むかしのコロッケ

こんにちは、コロ作です。

今日は味のちぬやの看板商品でもある『むかしのコロッケ』の紹介をします。

          ↑ 発売当時のパンフレット

『むかしのコロッケ』は30g、60g、80g、100gのシリーズがありますが、一番の売れ筋は60gのプレーン(鶏肉入り)です。

1990年代半ばに発売され、現在では60gのプレーンタイプだけで、月間800万個を販売しています。

『むかしのコロッケ』という名前の由来は、社長の今津が昭和30年代に近所の肉屋で売られていたコロッケの味を再現し開発したところからきています。

むかし懐かしい肉屋のコロッケということで『むかしのコロッケ』という商品名にしました。

学校の帰りにおやつとして食べた少し甘めのコロッケ。これを再現したのが『むかしのコロッケ』です。

鶏肉を甘辛く煮込み、それを皮ごと蒸したうまみの詰まったじゃがいもと混ぜ合わせてコロッケにしています。

長い歴史を誇る味のちぬやの看板商品。素朴ながらも王道のおやつコロッケ。『むかしのコロッケ』をぜひお試しください。

Home > 味のちぬや > むかしのコロッケ

検索
フィード
メタ

Return to page top