Home > タグ > ご当地

ご当地

全国選抜ご当地グルメ甲子園 in阪神百貨店梅田本店

こんにちは、コロ作です。

高校野球の甲子園は熱い戦いが繰り広げられていましたね。特に決勝戦は最後までどっちが勝つかわからない手に汗握る戦いでした。

そんな高校球児の熱戦に負けじと阪神百貨店梅田本店で今、行われているのが、『全国選抜ご当地グルメ甲子園』です。大阪や神戸の阪神沿線のご当地グルメをはじめ、全国各地を代表するご当地グルメが集結しています!そのご当地グルメ甲子園にわれわれ味のちぬやも出店しています。数年前からご当地グルメブームに先駆けて開発をし続けてきたご当地グルメコロッケシリーズが選ばれた(?)のです!ワーイッ♪ヘ(^ω^ヘ)(ノ^ω^)ノワーイッ♪

今回、販売しているのは計5品

・京都舞鶴発祥元祖肉じゃが風コロッケ

・広島呉の元祖肉じゃが風コロッケ

・よこすか海軍カレーコロッケ

・月島もんじゃ風コロッケ

・神戸長田発祥そばめし風コロッケ

すべて105円で販売しています。

開催時間は午前10時~午後8時、開催期間は9月1日(火)(最終日は午後4時まで)までです。

お近くにいらっしゃった際にはぜひお立ち寄り下さい。どうぞ宜しゅう(o^▽^)o)ペコッ

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

新しいご当地コロッケの開発・・・

みなさん、こんにちは、コロ作です。

今年は雨が多くて、涼しい日が続いてましたが、ここ数日は夏らしい暑い日が続いています。アトゥ―(゚・・_,゚`暑;)―イ

みなさん、体調にはくれぐれも気をつけて下さいね。

さて、味のちぬやではご当地グルメコロッケやご当地グルメメンチカツをシリーズで販売しています。今日は最新のご当地グルメコロッケ開発情報をこっそり教えちゃいますv(・ω´・+)キラ─ンッ

10月の発売に向けて開発の最終段階に入っているのが、『佐世保海軍さんのビーフシチュー風コロッケ』です。佐世保といえば『ハンバーガー』が有名ですが、最近佐世保では海軍さんのビーフシチューがひそかなブームになっています。長崎県佐世保市は神奈川県横須賀市や京都府舞鶴市、広島県呉市などと同じく、旧海軍の軍港の街として栄えました。ビーフシチューは第7代司令長官を務めた東郷平八郎が軍用食として日本に伝えたと言われています。佐世保に伝わるビーフシチュー、お店によってこだわりがありますが、多くのお店で隠し味に○○○○を使っているのが特徴だそうです『佐世保海軍さんのビーフシチュー風コロッケ』は佐世保観光コンベンション協会と味のちぬやが春頃から共同で開発している商品です。もちろんこのコロッケにも隠し味を使っています。隠し味が何なのか気になると思いますが、それは発売まではナイショです(。-人-。) ゴメンナサイ  10月頃に発売予定なので、お楽しみに~ヾ(^ω^*)

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

浜松餃子風メンチカツ登場!(いきなり!黄金伝説にて)

こんにちは、コロ作です!

今年の夏は雨が多く、気温が低いので、コロッケの主原料のじゃがいもが不作になりそうなんだって・・・(*´;ェ;`*) うぅ・・・

天候が回復することを祈るばかりです・・・神様~

話は変わりますが、先日、当社の『浜松餃子風メンチカツ』がTVに出ました☆…(´∀`人)

テレビ朝日系の“いきなり!黄金伝説”(2009年8月6日放送)でギャル曽根さんが高速道路のご当地グルメを食べつくすという企画で、浜名湖SAで売られている『浜松餃子風メンチカツ』を食べていただいたそうです!∩(´∀`)∩ワァイ♪

ギャル曽根さんは『浜松餃子風メンチカツ』をなんと7個も食べていただいたそうです!Σ(゚Д゚ノ)ノ おおぉぉぉぉ~

『浜松餃子風メンチカツ』は浜松がB級グルメとして全国に誇る『浜松餃子』を浜松餃子学会監修のもと、メンチカツに仕上げた商品です。中ネタは豚ひき肉に国産のキャベツや玉ねぎ、青森産のにんにくなど数種類の野菜を混ぜています。また、『浜松餃子』の添え物としてよく出されるもやしを入れているのも特徴です。

浜名湖SAにお立ち寄りの際には、ぜひ『浜松餃子風メンチカツ』をお試し下さい!

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

商品紹介1~広島呉の元祖肉じゃが風コロッケ編~

みなさん、こんにちは、コロ作です。

今日はぼくが味のちぬやの商品の紹介をするよ!\(^_^)>

今日、紹介するのは『広島呉の元祖肉じゃが風コロッケ』

この商品は広島県呉市の市民団体“くれ肉じゃがの会”さんと味のちぬやが共同で開発した商品なんだ。呉に伝わる海軍さん発祥の肉じゃがの特徴は牛肉、じゃがいも、玉ねぎ、こんにゃくをしょうゆと砂糖で味付けしたシンプルなもので、このコロッケもそのレシピをもとに作ったシンプルながら味わい深いものになっているよ。

肉じゃが発祥の地をめぐっては広島県呉市と京都府舞鶴市で論争になっているんだ。(*o*)”"☆最初に肉じゃが発祥の地として名乗りをあげたのは舞鶴市。明治34年、舞鶴海軍初代司令長官であった東郷平八郎が、青年時代に留学していた英国で食べたビーフシチューの味が忘れられず、栄養が不足しがちな水兵さんの脚気防止に、日本版ビーフシチューとして作らせたのが肉じゃがのはじまりと言われているんだ。当時は『肉じゃが』ではなく『甘煮』と言われていたみたい。その舞鶴市の主張に対して、2年後、呉市が独自に調べたところ、舞鶴市よりも先に呉市で肉じゃがが生まれていたということがわかり(定かではない?)、呉元祖説を出したことにより、呉市と舞鶴市の間で肉じゃが発祥地論争が起きることになったんだよ。この論争をきっかけにして、神奈川県横須賀市、長崎県佐世保市を含めた旧軍港4市は食を通じて交流を行っているそうだよ。

こんな背景を知って食べると味わいも変わってくるかも・・・『広島呉の元祖肉じゃが風コロッケ』見つけたらぜひ一度食べてみてね!(^o^)/

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home > Tags > ご当地

検索
フィード
メタ

Return to page top